ワインを自分らしく楽しむ

私は余りワインは詳しくありません。ですがとても憧れています。デパートのワインコーナーでも、味が分からないので、いつもラベルのイメージと手頃な金額でワインを選んでいます。そしてワインの時だけは国産ではなく、外国産のチーズとビーフジャーキーを買っています。(どういうわけか好きなのです)

余り飲めないのでチビチビと、チーズとビーフジャーキーを、肴に飲むのが愉しみなのです。お酒の中でも葡萄酒が一番、体に良さそうな気がします。体にすーと染みこんで行くような感覚が堪りません。体が喜ぶ感覚でしょうか。

きっとトスカーナの夕暮れの風景を、バックにワインを飲んだら、京都の嵐山の古寺で日本酒を飲むような気持ちになれると思います。自分の理想は部屋の中を、イタリアやフランスの片田舎のようにして、あちらの音楽を聴きながら、ワインを楽しむことです。

お酒を飲むって本来そのくらい、成り切って楽しむべきなのです。それが一番、ワインを楽しむ美味しい飲み方だと思います。ワインの味は詳しくありませんが、ワインを楽しめるかはまた別なことだと思います。

銀座 イタリアン ワイン

お店に並ぶワイン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ