いただきもののスパークリングワイン

以前職場で、スパークリングワインをいただきました。

ワインなんて、普段ほとんど飲みません。

ですから、クリスマスに飲もうと、とっておきました。

しかし、残念なことに主人はワインがあまり好きではなく、クリスマスにやっとワインを開けたのに、

私一人が飲むことになってしまいました。

ワインをほとんど飲んだことがない私は、なんとほとんど1本を一晩に飲んでしまいました。

今考えると、信じられませんが、多分ビールとか、缶チューハイを飲む感覚で飲んでしまったのだと思います。

しかもいただいたものですので、きっと上等なスパークリングワインだったに違いないのです。

とってももったいないです。

今まで飲み過ぎても気持ち悪くなったりすることがなかった私が、とうとうその夜は吐いてしまいました・・・。

そして二日酔いになって、翌日もずっと動けませんでした。

自分でもショックで驚いたことを覚えています。



それからは、ワインは怖くて飲んでいません。

私には、まだワインは早すぎたのでしょう。

また挑戦して、もっと上手なワインの飲み方を早く覚えたいものです。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ