ワイン売ってましたが、、、

これも前職の話になりますが銀座のレストランで一本数万円のワインをデキャンタサービスしていた時期が私にはありました。ただ私にはワインの味というのはぶっちゃけ良く解りませんでした。商品として扱っていたので「このワインはどこどこの畑でとれて~~」というような知識は持っていましたが。

仕事ですので結構なお値段のワインなんかも味見させていただいてたのですがその結果「安いワインの方が飲みやすいし、おいしく感じる。」と言うのが私の結論でした。

もちろんお客様あっての仕事ですので明らかに「高いことに価値がある」というようなお客様には高いワインを出していましたが「お兄さんのお薦めを!」等と言われた時は大体今ならコンビニに売っているクラスのワインを出してたことが多かった様に思います。

お勧めをと言われた場合「どの様に召し上がります?ワイン単体で召し上がります?それともお食事のお供としてのワインがご希望ですか?」等と当たりをつけて海外物のローカルなワインで自分が飲みやすいと思うものを提供していたように思います。

そのスタイルで数千本のワインを提供しほぼクレームも無かったので我々日本人のしたには飲みやすいワインというものがあっているのだと考えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ